パワーストーンの概要を記載して行きます

まず、パワーストーンの定義ですが、元々は宝石類だったんです。

しかし、今では種類が豊富になっていて、象牙やベッコウなどの生物を材料にした物もあります。

そして、金・銀という貴金属は勿論の事、卑金属・化石類・珍しい物では岩塩などの食材までが、珍重されてる場合もあるんです。その為、とんぼ玉といわれるガラスで出来た工芸品など、その色が神秘性を持つので力があると、重用される場合もあります。それから、ベッコウ・象牙は、現在国際取引が禁止されてます。これは、ワシントン条約で取り決められてるからでして、パワーストーンとして手に入れたり加工する為には、非合法か規制が始まる前に取り扱われてた物を、手に入れるしかないでしょう。また、パワーストーンを歴史的に観てみると、多様な民族の間で、貴重な石・宝石へは、特別な力があると信じられて来たんです。マヤ文明やアステカ文明では、ヒスイがその代表的なパワーストーンで、呪術の祭器として常用されてました。これは、世界的に観てもその傾向があり、西洋では魔術の道具・毒を防いでくれる力を持つという事で、紫色の水晶が尊ばれていたようです。これらの宝石が、現在のように幅広く用いられ出したのは、アメリカのヒッピー文化の影響が大きいでしょう。1970年代のアメリカで、石に癒しの効力があると信じられて、ヒッピー族がこぞって持ち歩くようになったんです。この時代、特に癒し効果が高いと信じられていたのは、水晶でした。クリスタルパワーという言葉まで考え出され、多くの人が癒し効果説を説いてたようです。その、効果の根拠としていたのは、オカルトです。オカルトを元に、鉱物霊が水晶などへ宿ってるという面白い説を唱える人も居たりして、ますますオカルト色が強められてます。我が国でパワーストーンが知られるようになったのは、1980年のニューエイジムーブメントが、舶来したのがキッカケとなってるようです。この時から、今まで見向きもされなかった鉱石が、脚光を浴びたんです。売れ行きが大変良い為、取り扱う業者も増えました。ところが、その後すぐにブームが去りましたが、2000年代に入ってから再燃してます。スピリチュアルブームの影響と考えられまして、スポーツ選手や芸能人などが持つようになり、価格があがって来てるようです。尚、パワーストーンは病気へ効くという噂もありますが、これは薬事法へ抵触すると、当局は見解してます。