パワーストーンにおける雑学について色々紹介してみますね

不思議な力で、私達を助けてくれたり、浄化していい雰囲気を提供してくれるパワーストーンに対して、興味を持っている人は多いでしょう。ただ、ケータイ電話やパソコンのように普及しているものでもないですし、衣食住に関係しているもののように連日メディアで話題になるものでもないので、細かい知識がない人がほとんどでしょう。

ということで、私がパワーストーンに対する役立つ知識について、書いてゆこうと思います。

例えば、パワーストーンにはそれぞれの波動やパワーがあり、複数身につけてしまったり、家においておくとそれぞれが反発しあったり、喧嘩のような状態にならないか、懸念する人もいるかもしれません。これについてお答えすると、結論としてはありえませんので安心してください。とはいえ、バランスが取れていないと、せっかくのパワーが相殺されてしまったりするので、知識を得て調和を考えるようにしましょう。ちなみに、もっと突っ込んだ豆知識としては、強いパワーを持ち、どこにも属さないニュートラルなパワーストーンである水晶の場合、上手にバランスを取る力があります。ですから、パワーストーンの専門店なんかでブレスレットなんかを見ると、テーマとなる石の間に、水晶があったりしますよね。そういった理由からだと考えられるわけです。ちなみに、東南アジアなどの神様を模したネックレスなどの場合、必ず2つや4つなど偶数ではなく3つつけたりします。これは、神様が喧嘩しないようになんですよね。パワーストーンにおいてはこういった懸念がないことを覚えておきましょう。次に割れてしまったりしたパワーストーンをどのように処分したらいいのかを、紹介してみます。石は天然の存在であり、モノではないので、闇雲に壊れたから捨てるということはしないほうがいいでしょう。さらに、お守り的に考えている人は、事故を回避してから石を見たら割れていたり、色あせていたりして身代わりになってくれたかもしれないと思ったなどの経験もあるでしょう。それと、まるで壊れたもののように扱って捨ててしまっては、あまりにもかわいそうです。ですから、パワーストーンに感謝の念を与えてから、例えば海、山、川などに持っていくなど自然にかえすというのが一番適しているでしょう。単体ではなく、ブレスレットのようにアクセサリーになっている物の場合、糸が切れるなど石ではなく、アクセサリーとしての形が壊れる場合もあるのでしょう。その場合は専門店で治してもらえるので、豆知識として覚えておくといいですね。